三六会について

埼玉県立大宮高等学校理数科同窓会(三六会)設立のお知らせ

大宮高校理数科は,2010年に創立20周年を迎えました。この節目となる年に,理数科同窓会(三六会)を設立いたします。
現在,大宮高校理数科は,大学進学や理数教育の面において,日本でも有数の実績を残しております。 そして,同窓生も様々な方面で活躍しております。理数科同窓会が世代を超えた同窓生の交流の場となり,同窓生相互の連携,親睦が図られることを期待いたします。
また,この20年間で大宮高校理数科は県内トップクラスの進学校としての地位を確立いたしました。これは大宮高校の先生方や生徒の並々ならぬ努力の賜物であります。 そこで理数科同窓会は,在校生を積極的に支援することで,更なる母校の発展に寄与したいと考えております。
同窓生の皆様の御理解と御協力を賜りますよう,よろしくお願いいたします。

(発起人代表)
大宮高校13期卒業生 酒巻智宏 田村泰嗣

三六会設立の意義

優秀なたくさんの先輩方と知り合いになることで、見識が広がる

大宮高校理数科からは、たくさんの優秀な先輩方が卒業されています。
各方面へとお進みになった先輩方とつながりを持つ機会を設けることで、理数科卒業生全体にとって大きな利益になるものと考えます。

組織的に後輩(卒業生、在校生問わず)の支援ができる

例えば、今まで、受験生(高校3年生)への支援は、受験生のクラス担任の先生を通じて行っておりましたが、これを三六会が組織的に受け持つことで、より効果的な支援ができるようになります。